さっぽろ雪まつりにひふみん、藤井聡太五段のド迫力雪像が登場!

北海道札幌市の大通公園などで開催され、毎年200万人以上が訪れるという雪と氷の祭典「さっぽろ雪まつり」が2月5日に開幕。

数多くの雪像や氷像が立ち並ぶ中、昨年話題となった加藤一二三九段対藤井聡太四段(段位は当時のもの)の歴史的な対局をモチーフにした雪像が登場したとのこと。

『世紀の対局』の雪像

さて、その雪像がこちらです!

個人的にぱっと見あまり似てない気がしたんですが、少し見続けていたらジワジワと似て見えてきました。なんだろうこの不思議な感じ・・・。

しかし加藤九段、藤井五段ともいずれも劣らぬインパクトにあふれていて、とてもナイスな作品だと思います!

きっと現地で見て印象に残った方も多かったんじゃないでしょうか。この作品をツイートされている方を何人かお見かけしました。

この雪像の話題、NHKニュースでもピックアップされた模様ですね。これがいきなりテレビの画面に登場したら驚くか、吹き出すかしてしまいそうです(笑)

「市民雪像」というものらしい

さっぽろ雪まつりに行ったことがないので会場には大掛かりな大作ばかり並んでいるイメージを持ってたんですが、一般の方が色んなアイデアで作る「市民雪像」が並んだエリアがあるそうで、先の『世紀の対局』もその作品の一つなんだそうです。

こういう取り組みは観る方も、参加する方も楽しくてイイですねー。

ちなみに将棋関係ではこんな駒の作品も今年はあるようです。

市民雪像の人気投票もあるらしいですが、この将棋関係の作品がどこまで上位に食い込めるかちょっと気になりますね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク



シェアする

フォローする