バレンタインデーの棋士プレゼント獲得ランキングを勝手に予想してみる

義理チョコ

今日2月14日はバレンタインデーですね。(私には昔から全く縁のないイベントですが・・・)

バレンタインデーと言えば、先日将棋連盟が対局する棋士へバレンタインデーのプレゼント手渡しを自粛するようなお達しを出したことが、ニュースなどで話題になりました。

日本将棋連盟が8日、将棋界初の「中学生五段」に昇段した藤井聡太五段(15)の14日のバレンタインデー対局に異例のお願いを出した。

 同連盟は関西将棋会館の公式ツイッターで藤井ファンにチョコレートの手渡し自粛をお願いした。
藤井五段へのチョコ手渡し自粛を 将棋連盟がお願い – 日刊スポーツ

そもそもプレゼントに食べ物を受け付ける趣旨の公式コメントを出してしまうのはいかがなものか?(安全面など考慮して)という疑問がありますが・・・それはさておき藤井五段の影響はこんなところにも及ぶのかと、あらためてその人気ぶりを思わせる出来事ですね。

(ここから以下、話は妄想モードに変わります)

ところで、プレゼントは将棋連盟がいったん受け取るルールになるということは、どの棋士にいくつプレゼントが届いたかその数を把握できるということですね。

将棋連盟はこの機会に、ぜひそのプレゼント数を集計して上位棋士のランキングを発表してみてはいかがでしょうか?

話題になりそうだし、棋士が注目される機会にもなるので面白い気がするのですが・・・。

仮にそのランキングが行われると仮定して、今年の上位棋士を勝手に予想してみたいと思います!

プレゼント獲得上位棋士予想

◎本命:藤井聡太五段

この話題の発端ともなった藤井五段がやはり大本命ではないでしょうか。

実力や知名度はもちろん、母性本能をくすぐる魅力もあり年上女性からの人気も非常に高そうです。

2位以下を大きく引き離す結果も十分に考えられます。

◯対抗:羽生善治竜王

対抗からぐっと予想が難しくなりますが、やはり羽生竜王は外せないかなと思います。

昨年後半から竜王位奪取、永世七冠獲得、国民栄誉賞受賞ととにかくおめでたい流れが続いていて、そのお祝いを兼ねた贈り物が多く寄せられる展開が予想されます。

一方、あまりに雲の上の人過ぎて気軽にプレゼントなどとは畏れ多い・・・と控える方も多そうで、その点が藤井五段よりややマイナスに働きそう。

▲単穴:中村太地王座

続いての3番手がまた難しいのですが・・・中村太地王座と予想しておきます。

昨年念願の王座タイトルを獲得した勢いがあり、またNHK「NEWS WEB」のキャスターを務めたことがあったり現在のNHK将棋フォーカスの司会を務めたりとお茶の間の知名度も抜群。

トークの安定感や解説の分かりやすさも定評があり、将棋ファンからの幅広い支持を集めそうな気がします。

△連下:大勢

このネタを考えて、何とか3人まで名前を挙げてみましたが、他にも色々な棋士の名前が浮かんできてもはや絞りきれなくなってきたので・・・この辺りまでで予想はご勘弁ください。

おわりに

余談ですが、私が一人贈り物をするとしたらなかなか迷うところですが、、藤井猛九段でしょうか。

地元群馬出身のヒーローですし、振り飛車の勉強に藤井九段の本にはお世話になっているので、その御礼の気持ちをしたためた手紙でも贈りたいです。

もしみなさんだったらどの棋士に贈り物をしたいですか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク



シェアする

フォローする